2011年08月03日

FLOWのこぼれ話。

こんばんわ、管理人です。
今日はお知らせとこぼれ話の二つほど記事を上げたいと思います。

まずは、先日アップした2タイトル目の作品『FLOW』のこぼれ話から〜。

脚本は私、mochicoが。
漫画は、私の友人、しるこちゃんが担当しております。
原案は、二人で、ですね。

しるこちゃんは、趣味の二次創作を通じて知り合った友達です。
本業は漫画家さんです。
てか、きなこといい、しることいい、私の名前にかぶせてくるんだな…(笑)

あべ川(きなこ+もち)と善哉(しるこ+もち)じゃないか!
そんな美味しそうな名前にしてどうすんだ!(笑)

さて、つまらない冗談はこの位にして。

始まりは、確か東京でしるこちゃんや友達と飲んでいた時でしょうか。
朧の製作と初売りを終えて、次は漫画とコラボで動きのある作品がいいなぁとか思っていたので、
前々から声をかけていたしるこちゃんに「どや!」とその場でお願いしてみたら「いいよー」とお返事ゲット♪
彼女と何度かやりとりをして物語の内容を詰めて、地盤が出来てきたところで予告編を収録。
先月、ようやく予告編をアップしました。

内容はまだ第一話の配布時期が決まっていないので、ここでは書けませんが(笑)
朧はどちらかと言えば「人との関わり」を重視して製作しました。
こちらも大筋はそんな感じですが、今の所、もうちょっとキャラの「個人」や「内側」に寄っていっている印象です。

余談ですが、このお話の大前提に「大洪水」という自然災害があります。

奇しくも、3月には東日本大地震が起きました。
当時はただただ動揺して、自分には何が出来るだろうか、と思いを馳せるばかりでした。
そうこうして過ごす内に、自分のやりたいことも形になり、友人達に助けてもらいながら『祈櫻前線』という募金企画を立ち上げることも出来ました。

FLOWの製作では、既に彼女とやり取りを開始していて、地震当時にはあらかた方向性も定まってきていました。
まさか、時期を同じくして似たような状況のお話を書くとは思っていませんでした。
これを物語にどう反映すればいいのか、実の所、私にもよく分かりません。
地震の前と後で、設定などが変更したりすることはなかったですし…。

ただ、このお話の舞台設定は「大洪水のその後」です。
そこで生き残った人達が、逞しく前に進んだからこそ存在している「世界」です。
現実の「今」は先行きも不透明で、不安定な日々かもしれません。
けれど、いつかそんな日々も「あんな頃もあった」と思えるような日がくる事を願って、大事にこの話を書きたいと思っています。
そうすることが、私に出来るもう一つのことだと思っています。

いつ頃販売となるかはまだ未定ですが、こちらも面白いと思って頂ける様な作品になるよう、皆で力を合わせて製作していこうと思いますv

あ、今はしるこちゃんの仕事が立て込んでいてイラストがキャラ紹介のバストアップだけですが、その内、イメージイラストも描いてくれる予定です♪
そちらも楽しみにお待ち下さいませv

それでは、2つ目のお知らせの記事に続きます〜。
posted by mochico at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話。

2011年04月05日

有難う御座いました!

こんばんわ、管理人です。

日曜日、イベント参加された方、お疲れ様でした!

当サークルに立ち寄って下さった方々、有難う御座いました!
お菓子に作品にとお隣さんにも大変親切にして頂きました、有難う御座いました!

しかし、申込時にコピー誌(当時は出す気満々だった…汗)も配布物に入力してた為か、ジャンルがその他配置…(笑)何故か漫画や小説の島にうちのサークルがポツン…と(笑)
同人音楽系の島から離れていたにも関わらず、ボイスドラマにご興味のある方ともお話出来て楽しかったです。ドラマの輪、関西でももっと広がるといいのにー。

そして作品をお買い上げ下さった方々も有難う御座いました!
募金の方は総額2700円で、本日メンバーちゃんが日赤さん宛てに送付して来てくれました。ご協力下さいまして、本当に有難う御座いました!

そして、イベント当日に巫女さんいるかないないかな〜とか言ってましたが。


巫女さん、勧請されておりました(笑)


朧の月のヒロイン、守崎翠コスです(笑)
入口近くで冷える中、プロ魂で頑張って巫女さんしてくれました!
事前準備に当日の売り子にと、メンバーちゃん達もたくさん頑張ってくれました。有難う〜。

思いつきで準備していったおみくじも喜んで頂けて嬉しかったです。
勢い余ってたくさん作ってしまったので、また次のイベントでもおみくじ配布しようと思います(笑)

今回落ちた朧の番外編SSも次回リベンジです。
次はどのイベントに参加しようかな〜。

いやぁ、そうさく畑のまったり空気感はたまりませんね。
人の列に急かされることもなく、混みあってスペース拝見しづらいこともなく、ゆっくり見て周れるというのは凄く魅力的です。おかげでわっさわっさと買い物をしてしまいました(笑)
あと、サークルの人とも話そうと思えばじっくり話せたりして、色んな楽しみがありますね、そうさく畑。素敵だな〜と思ったサークルさんが個展される予定があるとおうかがい出来たりとか、ほんと世界が広がります。雰囲気のある素敵なイラストでらしたので、都合が合えば行ってみたいと思います♪
あと、畑名物お茶タイムは本当にお茶タイムでした(笑)執事さんとメイドさんがお菓子とお茶を配ってくれてたよ!
スタッフさんも丁寧な対応で、本当に居心地良く過ごすことが出来ました。スタッフさん、本当にお疲れ様でした〜。

重複しますが、最後に。
当サークルにお立ち寄り下さった方、作品をお手に取って下さった方、募金にご協力下さった方、皆様本当に有難う御座いました!
posted by mochico at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | こぼれ話。

2010年10月24日

秋の夜長。

ume.jpg

写メの画像の梅酒を晩酌に、先ほど一仕事終えた管理人です。
こんばんわ。

秋の夜長に晩酌。
大人っていいですよね…!(笑)
でも、一人酒は寂しくてめったにしないんですが、今日は水面下で練っている新タイトルの方の作業のお供に、にごり梅のロックを一杯ひっかけてました。
先日メンバーの春野ミユとお伊勢さんへ弾丸旅行に行った際に買った梅酒がおいしそうでおいしそうで(以下略)
梅酒の口当たりのよい甘さに、ちょいと辛口ベースな日本酒がベストマッチでした。美味い。

ようするに。
管理人、大の梅酒好きだという話。

改めましてこんばんわ。
お久しぶりです、前回から大分と間があいてしまってすみません!
夏に頑張りすぎたのか、緊張の糸が伸びきってしまい、戻すのに時間が掛かってしまいました。頑張るのもほどほどにしないといけないんですねぇ。糸が伸びきった管理人は、体調を崩したり、久々にゲームに手を出して熱中してしまったりと、それなりにキャッキャウフフとした時間を過ごしておりました。
エネルギーもめいっぱい補強したので、今月くらいからボチボチ作業を再開しております。

『朧の月』の発売記念企画は、まだもうちょっと時間がかかりそうです。
何分、サークルの運営自体がマイペースな上にスローペースなもので(汗)
気長にお待ち頂けますと幸いです。

そして、先日の記事にアップした新タイトルの作品。
こちら、秋くらいにチラリと顔見世できればなぁと宣言しておりましたが、どうにも冬以降になりそうです。それもこれも、管理人の手の遅さのせいなんです…やるやる詐欺で本当にすみません。
こちらの作品は漫画の予定です!
現在、友人と共同で作品の土台作りをしている最中だったりします。漫画はその友人が描いてくれちゃいます!うひひ!
二人で唸りつつ楽しみながら作っているので、皆さんにも楽しんでいただけるような作品になるよう頑張りますので、しばしお待ち下さいませ♪

さて、秋の夜長ついでに、朧の製作のこぼれ話などでもしようと思います。
前回は表側な人達の話だったので、今日は裏方、BGM製作の話でも。

朧の月は、サークルメンバーであるkynacoが全て手がけてくれています。
kynacoちゃんと管理人は付き合いが長い為か、お互いのやり取りは大変ゆるゆるな感じになるのが常です。

朧の製作中、作曲はkynacoちゃんの仕事の関係でスケジュールが大変押していたので、お互い脳みそにメモリの少ない状況でのやり取りになり、さらにゆるくなって末期症状。

管理人「kynacoちゃーん、もち米ついてみたでー。どや!」
kynaco「もちにkynacoがうまく絡めばいいんだけどねー」
管理人「おぉ、それは良いきなこ餅になるといいね。そうだ、これからはこのジャンルを『きなこ餅』と呼ぶことにしよう!」
kynaco「そうしよう!」

こんな感じのやり取りの中で生まれた曲達。
よくぞ生まれてきてくれました(笑)

ここでいう「もち米」は管理人mochicoが思いつくままに歌った「鼻歌」です。
管理人は音楽関係のスキルがほぼ「0」なので、お風呂場でふにゃんふにゃん歌っちゃう的なあれレベルの鼻歌なんです。
それを思いつくままボイスレコーダーに録音して、その中からまともなものをkynacoちゃんに送信します。これを「もち米ついた」と溶けかけの脳みそは表現したんで御座いますな。テレビの音や生活音ががっつり入った「もち米」…これらを曲として仕上げてくれたkynacoちゃんは本当に名キャッチャーです。

ちなみに、『朧の月』の『きなこ餅』は…
★朧月夜
★桜吹雪
などです。
しかし、管理人のヘロヘロな鼻歌の印象は吹き飛んで、kynacoちゃんの奮闘のおかげで、本当に素敵な曲に仕上がっております。
管理人は全曲大好きですが、特に『語唄』が好きです。あの太鼓のリズムがたまりません。


そして、今現在も管理人は「もち米」をついております(笑)
これがどの作品のどんな曲になるのかは、これからのお楽しみです♪
posted by mochico at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話。

2009年11月14日

お遊び版@こぼれ話

こんばんわ、mochicoです。
最近、雨が多いですね〜。
私は車通勤なので、行き帰りに支障が出る事はありませんが、日差しが恋しい今日この頃です。気温も暖かかったり寒かったり、そろそろ安定してほしいものですね。でないと、着るものに困る(笑)

今日の更新、本当は朧の月の予告編をアップするつもりだったのですが、手違いで効果音を使わせて頂いたサークルさんの情報を集めきれてなかったので(汗)前回アップしたお遊び版のこぼれ話などを。

前回のお遊び版の収録、実はその日は予告編を録る予定だったのですが、役者さんがそろわなくなてしまい。
なので、急遽ネタを捻り出し、折角だから予行演習をさせてもらおう!と、マッチを誘ってコネタをひっさげ、知り合いのスタジオさんに録音と編集を手伝ってもらって出来たコネタだったりします(笑)
スタジオさん、その節はお世話になりました〜。
看板娘として出て下さった将縁さんは、スタジオさんのお身内で、私の学生時代からの友達でもあります。当日、急に依頼したにも関わらず、快く看板娘を引き受けてくれました(笑)チョーありがとv

マッチも私も、ボイスドラマを収録するのはこの時が初体験。緊張しながら台詞をしゃべりつつ、出来も同時にチェックというのは中々至難の技でした(笑)なので、妙に二人とも早口(汗)勿論、その辺りについて、今後は気をつけますです!
私は何度かスタジオさんにお邪魔して、ネットラジオに参加させて頂いた事はあるんですが、やっぱりまだマイク前は不慣れな事が多いです。
その緊張から解き放たれた所為か、収録後のトークがゆるみまくったという(笑)あ、いや、私とマッチはいつもあんな感じなのではありますが…ゆるい人間が喋りだすと、本当にとりとめがないという良い?見本のようなトーク(笑)

ドラマ中で使った効果音はフリー(但しリンクが条件のサイト様も御座います)のサイト様からイメージに合うものを使わせて頂いてます。本当に有難いです。
EDの曲は、私がS●NYの「MUSIC STUDIO」を使って作ったものです。作曲の心得が皆無な私でも曲っぽいものが作れるという優れもののソフトです。色んな楽器の素材がたくさんあるので、それを繋いだりする事で曲らしいものが出来ちゃいます。便利な世の中になったなぁ…(笑)

予告編では、サークルメンバーのkynaco(きなこ:作曲担当)が頑張って曲をMIDIで作ってくれましたvvドラマと共にそちらも楽しみにしていて下さい♪
私が「創作のHNはmochicoにするねん〜」と言ったら、「それじゃ、私はkynacoにする」と返してくれた素敵なお人です(笑)おかげで二人の名前が並ぶとパッと見、何か和菓子系のサークルのようですが、本人たちは真面目にオリジナルの創作活動サークルだと思ってます(笑)

次回の更新はオリジナルボイスドラマ『朧の月・予告編』です!
ようやく主人公達が出てきます!お話の筋もちらっと。
収録後の役者達のトークもありますvこのトーク、恒例にしようかな、とか思ってます(笑)収録風景の写真付きレポなんかも、追々上げる予定です。

それでは、また次回!
posted by mochico at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話。